fbpx
MENU

「信州やまほいく」

県民文化健康福祉委員会に同行して、

塩尻市立片丘保育園の現地調査に参加して参りました。

長野県では現在、〝信州の豊かな自然環境×新しい子育てスタイル〟

「信州やまほいく」を推進中。

片丘保育園はじめ、平成27年度現在で県内72園が認定を受けています。

ちなみに中信地域は松本市7園、塩尻市2園、安曇野市19園の計28園。

公立私立問わず、また認可の有無など関わりなく、

認定を受けた団体を長野県は様々な形で後押ししています。

都会では「保育園落ちた」、待機児童問題から始まって、

子どもたちが駆け回るスペースが十分でなかったり、

また保育園が地域住民から疎まれる例もあるようですが、

信州ではそれらとは別の枠組みで新しいチャレンジを切っています。

全国初の自然保育の認定制度とともに、

信州の子どもたちを地域の力で県民の皆さんと大切に育てていきたい。

そんな思いを持ちつつ、今後も話題に取り上げていきます。