fbpx
MENU

県政報告第4号

県政報告第4号が刷り上がりました。今回の内容は

大北森林組合の問題に絡めて林業政策を主題としています。

大北森林組合の問題は「なぜ補助金が適正に受給されなかったのか」という切り口から

取り上げられることが多いわけですが、大北の件に限らず、そもそも

「多額の補助金によって林業全体の自立が阻害されているのではないか」という

発想が必要と考え、これをベースにやや俯瞰的な立場から報告書を展開しました。

今年は6月に全国植樹祭が長野県各地であり、

8月には松本市で「山の日」を記念する式典が催されます。いずれも

〝いいセレモニーだったな~〟だけでは終わらないような年にしたいところですし、

阿部知事も森林政策の促進・林業の自立には肯定的ですから、

もしもお手元に県政報告第4号が届いた際には、

そんなことを思いながら読んで頂ければ望外の喜びです。