fbpx
MENU

「松本グランドプロジェクト2020」

「環境先進都市・松本」の実現に向けた10項目からなる政策、

「松本グランドプロジェクト2020」を発表した。

市長選への立候補時に示した2つの政策

「環境先進モデルとなる市役所新庁舎」&「トラムの導入」に8項目を追加している。

中心市街地の活性化に向けては

「女鳥羽川公園の開設と城下町マルシェの開催」

「空き家・空き店舗を活用したエリア再生」

「県立美術館“別館”の誘致」を挙げた。

3つのいずれも、代表的にはこれをやるということだが、

できるだけたくさんの場所でこれらを展開し、

それぞれ連鎖反応が起きるような仕組みを作りたい。

例えば女鳥羽川の件は単なる河川整備にとどまらない、

周辺地区を巻き込んでのエリア再生を図りたい。

「女鳥羽川公園の開設と城下町マルシェの開催」

「空き家・空き店舗を活用したエリア再生」

をコンビネーションで展開できればなお効果は高いだろう。

特にここ数年は、中心市街地の女鳥羽川付近でも民営駐車場がだいぶ目立つようになった。

これらは車が中心市街地に流入する一因となっている。

「松本城三の丸地区 整備基本方針」にある通り、

この辺一帯は本来最も城下町の風情を感じられるエリアであり、

車や駐車場が似合う場所ではない。

欧州の街並みでいえば、街の歴史が詰まった「旧市街地」にあたる場所だ。

武家の風格を現代に感じさせるエリアへと、再生を図りたい。