fbpx
MENU

政策勉強会with藻谷さん

「里山資本主義」「デフレの正体」の著者、藻谷浩介さんをゲストにお迎えし、

「わかりやすい政策勉強会」と題してのトークセッションを開催しました。

トーク内容は主には①環境&林業&農業②市街地活性化&トラムの2点。

冒頭には地政学的な見地から松本市を俯瞰的に考察しました。

環境先進モデルとなるような新庁舎の件に関しては、

CLTなどの木材を大規模施設に使用することは

欧米ではすでにトレンドになっていること、

木材が燃えやすい、地震に弱いといった認識は時代遅れになっていること、

再生可能エネルギーを24万人都市の庁舎で導入することは先進モデルとなり得ること、

などを経済学的観点から指摘して頂きました。

またトラムの導入に関しては、

初期投資が地下鉄などと比べて安く済むこと、

国が環境配慮型の公共交通を推進しているため有利な補助金を活用できること、

沿線の経済的誘発効果が大きく街の潤いにつながること、

トラムを導入することによって市民の歩く範囲が広がり、

結果として医療費の削減効果が表れていること、

などを具体的な数字に基づいて解説して頂きました。

知識溢れる藻谷さんのトークであっという間に時間が過ぎましたが、

環境先進都市・松本の進路が世界の潮流に合致していることを改めて確認できました。

政策で勝負できる松本へ、今後も突き進んで参ります。